サンケイリビング新聞社 社内会議

 聴覚障がい者の雇用は、他の障がい者に比較すると就職率は良いと言われています。障がい者の雇用率が法的義務と改正されたことにより、大企業からの安定した求人がくるようになったとも言われています。しかし、職場でのコミュニケーションの難しさなどから他の障がい者に比べると、退職、転職する率も高いと聞きます。社内での手話通訳の保障がないため、情報不足や、知識・技術などの取得も困難となり、昇格、昇進が阻まれ、給料にも格差が生まれ、労働意欲をなくしてしまうという現実も少なくないようです。
 
 会議や研修の場に手話通訳が付くことで、聴覚障がい者にとっての職場環境が改善され、個人の能力が高まり、企業貢献へとつながるはずです。「聞こえる人と対等に働く力を持っている」聴覚障がい者のために、手話通訳を利用してみませんか。
 
 手話通訳者には「守秘義務」がありますので、社内秘などに関するご心配は不要です。

                             通訳実績へ

手話通訳を使ってみませんか?