「いつもの○○」かえませんか
RIVの法則でキットキト

 2007年6月26日
 当会理事長が千葉工大にて講演!

 千葉工業大学の非常勤講師を務める八尾稔啓先生(有限会社エイ・エル・ピー代表)の授業
の中で、安保理事長がゲストとして招かれ、大学1年生を対象に授業を行ないました。
 八尾先生と当会とは、(株)UDジャパン主催の2005年に行なわれたユニバーサルキャンプ以来のお付き合いです。

 授業の内容は、『自己表現法』という
テーマで、様々なジャンルの職業の方を時々招いては、その職業とご自身との関わりについてお話をしていただいているとのこと。
 
今回、「手話通訳者」という職業を呼びたいという八尾先生からの申し出があり、当会の理事長がゲストとして招かれることになりました。
 理事長自身の体験から、聞こえない人との出会いを通して「音のない世界」の存在を知り、この世界は(物理的には)一つなのだけれど、それぞれ障がいのある人によって、見え方、感じ方の異なる様々な世界があるというお話がありました。そして、その異なる世界にある障壁なり、溝に橋を架けるのが手話通訳という職業であるというお話でした。お互いの違いは同化するものではなく、その違いを認め合い、尊重することの大切さも話されました。

八尾先生の著書

講演を読む?