理事長のエッセイはこちら→

 手話は英語で、サイン・ランゲージ(Sign Language)と言います。
ランゲージとということばからもお分かりのように、手話は単なるサインやジェスチャーとは異なります。

手話は日本語や英語と同等の言葉であり、ろう者にとっては自分自身の意思を伝達できる見ることばなのです。

手話は、日本語を身につけてから耳が聞こえなくなった人(中途失聴者者)、
耳が聞こえにくい人(難聴者)にとっても、必要不可欠なコミュニケーション手段のひとつになっています。

私たちNPO法人江戸川手話通訳者協会では、ろう者、中途失聴者者、難聴者の方々が、社会の様々な分野で活躍するため、言語面、コミュニケーションのサポートを提供いたします。

理事長 安保理一